精子が無力な男のダークサイド不妊治療記

自分が精子無力症かつ乏精子症で妻は軽い子宮内膜症。妻には内緒でダークサイトに落ちた自分をさらけ出す。暗い内容ばっかりなので明るく朗らかに妊活したい人は見ないでください

父親

先日、父と義父と私たち夫婦4人で飲む機会がありました。

飲んでいる最中に子供の話とかされるんじゃないかと内心ヒヤヒヤしていましたが、そこは気を使ったのか、ダイレクトにその話を振られることはありませんでした。

ただ私の父が、孫(妹の子供)の話をしているのを聞いていた義父は語気強めで「ほらちゃんと聞いておけよ〜」みたいなことを言ってきました。こちらの被害妄想かもしれないが、まだ孫がいない義父なりのアピールだったのかもしれないと思いました。

帰りのタクシーの中で、妻が「久々に息子と話せて良かったんじゃない?」と聞いたら、父が「●●(妻)と話せればそれで十分だよー」と答えていたのを聞いて少し嬉しくなりました。子供いないけど妻をちゃんと家族として迎え入れているような気がした。
本当に自分には勿体無い父親だ。