精子が無力な男のダークサイド不妊治療記

自分が精子無力症かつ乏精子症で妻は軽い子宮内膜症。妻には内緒でダークサイトに落ちた自分をさらけ出す。暗い内容ばっかりなので明るく朗らかに妊活したい人は見ないでください

体外受精3回目

先日、体外受精の3回目を行った。
今回は2段階移植という方法を用いた。
まず初期胚を戻し、その二日後くらいに胚盤胞を戻すという手法だ。

検索したところ、普通に一個戻すよりも確率はあがるようだ。

シート法(SEET法)・二段階胚移植法とは | 後藤レディースクリニック - 高槻市 茨木市 吹田市 不妊治療専門

もうあとはない

これで残った受精卵を全て使い切ることになる。
もし失敗したら続けるか終えるかを考えなければならない。

なので今回の移植にかかる期待は大きかった。

半年くらい前から鍼灸にも通い、食事にも気を使って2年、アルコールはほとんど飲まない生活を続けて2年。サプリメントで栄養素も補った。神頼みもした。近所の6箇所くらいの神社にお参りした。

もう、本当にこれ以上ないよねってくらい整えて臨んだ。

結果は陰性だった

これが現実。お互いやりきっただけにもう言葉も出ない。

努力すれば報われるというのは嘘だ。

みんな簡単に妊娠していくのになんで自分たちは妊娠できないんだろう。妊娠ってこんなにも難しいんだね。としんみり話した。

その日から数日は、お互いたがが外れたかのようにやけ食いした。
どうせ何やったって妊娠する人はするししない人はしないんだという現実を見せつけられ、完全に荒んだ生活になってしまった。

そして妻は自分自身を否定し始めた。
自分はそれをなだめることで精一杯。
それでも仕事に逃げ道がある自分はまだマシだろうと思う。

もう凍結胚はない。完全に振り出しに戻った。これからどうするかはまだわからない。

広告を非表示にする
↓ランキングクリックよろしくお願いしますーっ
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 男性不妊へ
にほんブログ村

男性不妊 ブログランキングへ