精子が無力な男のダークサイド不妊治療記

自分が精子無力症かつ乏精子症で妻は軽い子宮内膜症。妻には内緒でダークサイトに落ちた自分をさらけ出す。暗い内容ばっかりなので明るく朗らかに妊活したい人は見ないでください

久々の帰省

2年半ぶりに私の実家に帰省しました。
前回帰った時に、次は子供ができるまで帰らないと心に決めたのですが、現実はそんな甘くなく、2年半たっても子供はできずに帰省することとなりました。

増えた人間

実家は田舎で、親戚も近所に多いので自然と顔を合わすのですが、前回には居なかった人たちがいました。
従兄弟たちに着々と赤ん坊が増えていたのです。二人増えていた家族もいました。2年半で二人も!

おかげで託児所状態の実家で、自分達夫婦は肩身の狭い思いをすることになってしまいました。誰も悪くなくて自分達の勝手な思いなんだけど。

さらに追撃

兄弟や従兄弟達はみな結婚し、その中で子供がいないのが一番最初に結婚したはずの自分達夫婦だけでした。
それだけで肩身の狭い思いなのにさらに追い討ちをかけるように、妹の3人目妊娠の報告が!妹の夫は喫煙者で大酒飲みなのに、なんで。。めでたいことなのに、兄として素直に祝えないのが本当に申し訳なく思います。

とどめの一撃

ここまでくると当然のごとく自分達に「子供は?」の質問がくると思ったのですが、さすがにそこは気を使ってか、誰も言ってはきませんでした。

その時に訪ねてきた祖父母の友人。まあ当たり前のごとく言ってきました。
「孫、見せてあげなさいよ〜。ご両親期待してるよ〜」と。「はぁ。。」と苦笑するしかありませんでした。

気にしすぎなのか

他の人からみれば、そんなの気にしすぎだと思うのかもしれませんし、自分でもそう思っています。誰も悪くないし、悪気があるわけでもない。
でも誰でも普通にできるような事が自分達にはできないという事がこれほど負い目を感じる事になるなんて、本当に当事者にしか分からないと思う。

両親に申し訳ない気持ち

そして実家に帰るたびにこんな自己嫌悪な気持ちになってしまうのがつらく、孫を見せられない事で両親にも申し訳なく思い、帰省するのがさらに嫌になってしまった。
あまり長居したくなかったので一泊のみで翌日の朝に帰ったので、両親ともまともに話す時間は無かった。
両親は人格者で本当に素晴らしい人間だと息子ながら思う。
ちゃんと育ててもらったのに何もできない親不孝な息子で申し訳ないと思う。
親戚が集まった時に無口で馴染めない自分を、両親はどう見ているのだろう。あれほど素晴らしい環境で育ててもらったのにこんなひねくれた性格になって申し訳なく思う。
まともな生殖機能をもたない状態で生まれて申し訳なく思う。
帰省すると辛い。
次帰るのは両親が亡くなるときかもしれない。