読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精子が無力な男のダークサイド不妊治療記

自分が精子無力症かつ乏精子症で妻は軽い子宮内膜症。妻には内緒でダークサイトに落ちた自分をさらけ出す。暗い内容ばっかりなので明るく朗らかに妊活したい人は見ないでください

不妊治療のことを誰かに話していますか?

不妊治療をしていることを誰かに話したりしているでしょうか?
プライベートな部分におもいっきり踏み込んだ事柄ですので、なかなか他人には話せないのではないでしょうか?
私たち夫婦は親兄弟にすら話していません。夫婦二人だけで共有しています。
もちろん通っている病院は別です。
ですがあるきっかけである人物に話す機会がありました。そしてその後、私たちはもう二度と他人には話すまいと思い知らされることになりました。

知人の整体師に相談した

不妊治療の一環で、夫婦で整体を受けてみました。
もともと私の知人で付き合いもあり、どういう人物か知っていたし、腕も確かだったので、妻にも承諾のうえで不妊で悩んでいるのでそのあたりを見て欲しいということを相談しました。

当初は色々と体の悪いところを指摘され、施術を受けて確かに体は良くしてもらっていたのですが、何回か通っているうちにちょっと本音が出てきました。
これは妻が一人で通っている時に言われた言葉だそうです。又聞きなので一言一句あっているわけではないですが、だいたいこんな感じのことを言われたそうです。

「他の不妊で悩んでいる人にセックスしているのかって聞いても、みんなあんまりしていないっていう。単純にセックスしてないんだからできるわけないじゃん。もっとやればいいのに。って思う。もちろん相性とかもあるんだろうけど、満足できるセックスができれば自然にできると思う。そんなに精子が少ない男っているのかな。俺は2回で子供出来た。だから不妊だからってすぐ病院行くのはどうかと思う。」

これに対して妻は「不妊で悩んでいる人たちはそもそも卵管が詰まっていたり、内膜症だったり原因があって、それでどうあがいても妊娠できない場合だってある。自然妊娠で授かった人にはこの気持ちはわからないよ。」などいろいろ言い返したようですが、苦笑いされてあまり分かっていなかった様子。

妻からこの話を聞いてとても残念で悲しくなりました。
ある程度信頼していたから話したのに、そもそも不妊で悩んでいる人のことが全く分かっていなかったこと。その辺の素人の考えと似たような考えだったこと。

妻は間接的に夫を侮辱されたような気持ちになって嫌だったと言っていました。
妻にも変な気持ちにさせて申し訳なかったなと思いました。

そもそもほとんどの夫婦が結婚当初はすぐ妊娠するだろうと思って普通にセックスするわけです。そこで大体の夫婦が想定通り妊娠するわけですが、そこから1年たっても2年たっても妊娠しないため病院へ行き、原因が分かって不妊治療が始まり、セックスが義務的になっていき、回数が減ったり、快楽が減ったりするわけです。
想定通りに自然妊娠で授かった人は最初のプロセスしか経験していませんから、後のプロセスがわかるはずが無いということです。悲しいですが、それが整体の専門家であっても。。

この一件以来、私たち夫婦はもう不妊治療は誰にも話すまいと心に決めました。
分かってない人が振りかざす理論にいちいち反応している精神的余裕はありません。

 

↓ランキングクリックよろしくお願いしますーっ
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 男性不妊へ
にほんブログ村

男性不妊 ブログランキングへ