精子が無力な男のダークサイド不妊治療記

自分が精子無力症かつ乏精子症で妻は軽い子宮内膜症。妻には内緒でダークサイトに落ちた自分をさらけ出す。暗い内容ばっかりなので明るく朗らかに妊活したい人は見ないでください

人工授精4回目

記事を書くのが遅れてしまったので時期は少し前になるが、4回目の人工授精を行った。今回から妻の方に排卵誘発剤を使った。

この排卵誘発剤、妻にはなかなかきついようで、服用した後はしばらく体調が悪くなったりする。こういった状態になるのを見るたびに男性側に原因があったとしても女性のほうに負担を強いてしまう現状が辛くなったりする。
鈍感な自分のほうが服用できたらだいぶ変わるだろうに。。

でも現在の医学では男性不妊は原因不明で手の打ちようがなく、女性側でなんとかするしかないので妻には申し訳ないが頑張ってもらうしかない。

今回の精液検査の結果

ちなみに今回の精液の状態も前回とほぼ同じで基準値を大きく下回る結果となってしまった。。サプリもも効かない、断酒も意味なく、運動も意味なかった。マジで回復は難しいだろうと思ってきた。

子宮内膜症の影響

人工授精の数日後に排卵チェックでエコーを撮ったのだが、排卵できていなかったそうだ。子宮内膜症に阻まれて最後まで大きくなれず排卵できなかった可能性が高いということだった。
この結果に妻はショックだったようで謝られた。いや、自分の精子がまともだったらとっくに妊娠してるから!!こちらこそごめんよ。

今回の結果

結局、やはり今回の人工授精の結果は失敗だった。

ここ半年は毎月クリニックに通い、不妊治療を続けていたため妻のほうもだいぶ参っていたようで、話し合って1ヶ月休むことにした。

来月また行かなくて良いのかと思うと少し楽になった。
こんな鈍感な自分も実はストレスに感じていたのだと今更ながら気づいた。

この休みが良き方向に行くように!

↓ランキングクリックよろしくお願いしますーっ
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 男性不妊へ
にほんブログ村

男性不妊 ブログランキングへ